奨学金・各種支援制度

学生および保証人の皆さまの経済的な負担を軽減するための支援制度をご用意しております。

日本学生支援機構奨学金(旧 日本育英会)

日本学生支援機構は、独立行政法人日本学生支援機構法に基づいて2004年4月に設立され、教育の機会均等に寄与するため学資の貸与その他学生等の修学援助を行うこと等により、次世代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資することを目的としています。

本機構は、日本育英会の権利・義務を継承し、奨学金事業の充実を図ります。
奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。また、卒業後返還された奨学金は、後輩の奨学金として再び活用されます。

日本学生支援機構奨学金の貸与を受けるためには、高等学校で予約者となる他、大学入学後に申し込みをする2通りの方法があります。予約者は入学後すみやかに「採用候補者決定通知」を窓口に提出し、学校固有の「ユーザID」及び「パスワード」の配布を受けインターネットでの手続きをしてください。

また、高等学校在学中に日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた学生は「在学届」を提出する事で大学在学期間中は返還が猶予されます。
該当者は忘れずに提出してください。

奨学金の種類 第一種奨学金(無利子) 第二種奨学金(有利子)
貸与
金額
自宅通学 53,000円(短大) 3万、5万、8万、10万、12万の5種類から本人の希望により選択
自宅外通学 60,000円(短大)
学力基準
  • 高等学校最終2か年又は専修学校高等課程最終2か年の成績が3.5以上
  • 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記に準ずると認められる人
  • 1.出身学校又は短期大学における学業成績が平均水準以上と認められる者
  • 2.特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者
  • 3.学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
  • 4.高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記に準ずると認められる者
家計基準 家計をささえている者の収入(給与所得者・給与所得者以外)額などによって基準が定められています。また、家計における修学者数や各々の家計状況等によっても異なります。

(注)日本学生支援機構奨学金貸与枠には限りがありますので、希望者全員が貸与を受けられるとは限りません。

長戸路記念奨学金制度(毎年秋季に募集説明会を開催)

長戸路記念奨学金制度は、本学園の創立者長戸路政司先生の功績を記念して設立された奨学金制度です。この奨学生となることの出来る期間は原則として1年間です。

奨学生選考基準
  • 1.成績が優秀な者
  • 2.勉学の意欲が旺盛であるが経済的な事情で学業の縦続が困難であると見られる者
  • 3.課外活動により学園の発展および社会に貢献した者

その他の奨学金制度

各都道府県、市町村奨学金・交通遺児奨学金・その他民間の奨学金制度がありますが、本学ではそれぞれの団体により事業案内があり次第掲示します。
また、学生が個々(直接)に奨学金を受けた場合にはその旨を学生係に報告してください。

(注)奨学金に関することは事務室へお問い合わせください。

経済的理由により就学困難な学生に対する経済支援制度

経済的に就学困難な学生への授業料および入学金の減免制度を実施しております。説明会につきましては学生課よりお知らせします。

授業料減免

1年間の授業料(全額または半額)相当を減免します。説明会を行い、選考のうえで減免相当額を給付いたします。

入学金減免

入学金(70,000円)相当額を減免します。説明会を行い、選考のうえで減免相当額を給付いたします。