2017.05.17 オープンキャンパス

第16回「現代子ども学」公開講座 「気になる子ども」の理解

千葉敬愛短期大学では、本学学生・教職員が地域の皆様や幼稚園・保育所の先生方、教育関係の方々、福祉や教育関係に進んだ卒業生と子どもについての学びを共有し、交流させていただく貴重な機会となることを願って年2回、「現代子ども学」公開講座を開催しています。

5月13日(土)に開催された第16回公開講座では

帆足明子先生の「気になる子ども」の理解と対応と題したご講演をいただきました。

IMG_6947

 

 

一般の参加者の方々からも、たくさんの感想をいただきました。いくつかを紹介いたします。

IMG_6961

 

*本日はありがとうございました。今持っているクラスの子、クラスでない子にも笑顔と大好きだよという気持ちを伝えていきたいと改めて思いました。気になる子の力になりたいです。

 

*現在は教員採用試験を受けながら小学校の現場で先生をしています。現場では、日々良かったこと、逆に直した方が良かったことなどありますが、結局大切なのは子どもに愛情を持って接することなのだと思いました。先生の講義には教育者としての熱意を感じることが出来ました。私も明日からまた一生懸命頑張ろうと思います。

 

 

*とても参考になりました。保育現場ではいつも葛藤しています。でも根底にどんなことも受け入れる気持ちがあれば子どもも保育士ももっと気楽になれると思います。小学生になるまでにどうにかさせたいなどという肩ひじを張らず、その子の今が幸福であることを願い保育します。

 

 

*今回の講座に参加させていただいて、私は実際に保育士になったことを改めて誇りに思うことが出来ました。