2018.01.12 学生生活

敬短の学び⑲「文章表現法:課外活動~国立歴史民族博物館~」

20180110_100045

歴史に触れ「今」を考える

鈴木健一准教授の担当する「文章表現法」の課外活動を撮影しました。

今回、課外活動の場所として、国立歴史民俗博物館様にご協力を頂きました。

本授業の意図の1つとして、様々な「もの」、「こと」に触れ、そこで感じたことを「表現」する技法を学ぶ科目となっております。

今回は、国立歴史民俗博物館様にて「歴史」に触れ、自分たちの「今」を感じてもらう体験型の授業です。

日本の「原始」~「現代」までの史実を学生が見学を行い、その後の体験レポートを通して振り返り、考えを表現する活動を行いました。

「過去の日本」、「世界から見た日本」様々な角度から歴史を紐解く体験とそれをもって「今」を考える良い機会になったと思います。

20180110_101150