2018.08.10 職員メッセージ

「高校生セミナー」開催レポート【8月8日実施】

「表現をするということ」のはじめの一歩

IMG_5063

IMG_4921

8月8日(水)高校生セミナーを開催いたしました。

当日は、台風が接近しているため、急遽開催プログラムを変更して実施しました。多くの高校生の皆さんに参加いただき悪天候の中本当にありがとうございました。

明石学長も「むしむしロックンパーティー」に飛び入り参加!

IMG_5059

最後に岡崎先生より、参加してくれた高校生の皆さんに向けてメッセージをもらいました。

「失敗をしても大丈夫」「恥ずかしがらずに、自分なりにまずは表現をしてみる」高校生にとっての「これから」を意識したメッセージを伝えました。

高校生の皆さんにとっては、「表現することの意味、楽しさ」を共感できる(した)体験をしたことで今後の学生生活の一助になればと思います。

以下、高校生アンケートを掲載いたします。


■このセミナーを受講して、感じたことは何ですか?

・初めて会った人達でも、あんなに楽しく歌を歌ったりできるんだと感じた。
・音楽表現は遊びと繋がっていて、皆でやれば恥ずかしさがなくなる。
・自分らしさを出す努力をしようと思いました。
・自分で表現したりして音楽の楽しさを感じた。
・表現することは恥ずかしいことではなくて楽しくて友達と仲を深められるんだなと思いました。
・みんなの前で歌ったりするのは楽しい。
・小さい子との接し方の工夫
・どんなことでも恥ずかしがらないでやることが大事だと感じました。
・何にでも挑戦して一生懸命やることは楽しいと思った。
・歌を歌えば楽しくなる。
・表現遊びというものに今まで触れることがなかったのですが、最初は緊張してなかなか上手くできなくても、少し挑戦してみればできるんだと思いました。
・先生たちを見ていると楽しさが伝わってきて表現することの大切さを感じました。
・初めての人たちとも手遊びなどいろいろな遊びをすることで仲良くなれたりオペレッタでは、
・皆でやることで人前で何かやるのが苦手だったのですが、とても楽しくできとても良い経験をすることができました。   
・身体で表現するだけでなく、声を出しながら遊びなどをすると楽しさをすごく感じられました。
・子どもたちが普段楽しそうに踊ったり歌ったりしている理由がわかったような気がしました。
・一つの遊びでも工夫すればたくさん広がるということ。
・一人だと恥ずかしいことも観んあとやれば楽しかった。
・オペレッタを使って表現するってとても楽しいなと感じました!
・初対面の人とでもすぐに打ち解けることができた。
・オペレッタを初めて行ってみて、やっている側、見ている側の気持ちを考えてできた。積極性が大事。
・人前に立つのも人数が多いととても楽しく歌うことができた。
・何でも全力でやることは大切だと感じた。
・初対面なのに、たくさん仲良くなれたこと。うたうことで盛り上がりが全然違うこと。
・こんなに表現することが楽しいんだって思えました。
・手遊びや表現の色々な者への広がりを感じました。
・少し勇気を出して声を出すと意外と楽しくできた!
・仲良くなれずにずっと一人かと思ったが、少し仲良くなれて良かった。
・人前で何かとするのがあまり得意ではなかったけれど、人前で表現をする楽さを感じました。