2019.01.22 職員メッセージ

【高大連携】我孫子高等学校教員養成基礎コース模擬授業 開催レポート

2019年1月6日(土)に毎年恒例となりました、千葉県立我孫子高等学校教員基礎コースの冬季合宿が行われました。本学からは昨年に引き続き、岡崎教授、杉山准教授の模擬授業を行いました。杉山准教授から「科学する心を育むものづくり」と題して、本学の附属幼稚園園長も兼任されており、日々園児と取り組んでいる実践を基に「科学」をとおして「心を育む」ことの大切さとこれから、教育者・保育者を目指す生徒に、多くの気づきがある模擬授業となりました。


【ミジンコの生態の疑問】

「ミジンコは、稲刈りした後は田んぼに水がなくなって全滅したのに、なぜ春になるとまた田んぼで見られるの?」「なぜ卵がたくさんできるの?」

ミジンコ

インコを育てるプログラム】

「ダンス英会話」で覚えた英語を幼稚園のアイドルのセキセインコの「くーちゃん」に教え、英語を話すインコを育てるプログラム。

インコ

花壇に植えたキャベツは幼虫の餌?

幼稚園の花壇を「花を見るための花壇」から「考えるための”かがくのかだん”に変身させ、モンシロチョウの舞う幼稚園をめざして幼虫を育てる仕組みを作る。

花壇に植えたキャベツは幼虫たちの餌となり、またたくうちに見事に食べ尽くされる。来園者:「キャベツは消毒しないの?」 幼稚園の子どもたち:「これがこの幼稚園では普通だよ」

花壇


千葉県立我孫子高等学校のホームページはこちらから