教育情報の公開

公的な教育機関として、本学が社会に対する説明責任を果たすと共に、その教育の質的向上を図る観点から下記の基本情報を公開しています。

教育研究上の目的

大学の教育研究上の目的に関すること。(学則第1条)

本学は、建学の精神である「敬天愛人」の理念に則り、一人一人の学生の尊厳を重んじ、可能性を引き出す教育を行うとともに、教育内容として“子ども”の発達の連続性及び教育と保育の関連性を重視した“子どもに関する総合的な学び”を標榜し、「敬天愛人」を自ら実践し得る、地域の初等教育・保育への使命感と奉仕の精神をもった人材の育成を目的とする。

教育研究上の基本組織

教育研究上の基本組織に関すること。(学則第2条・第5条)

本学は、千葉敬愛短期大学と称し、現代子ども学科を置く。

入学定員200名

収容定員400名

本学の取得可能学位は、短期大学士(教育学)

平成20年度~平成27年度学位授与数
年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
人数 184 169 164 177 173 181 184 196
15 1 13 19 21 10 9 8
169 158 151 158 152 171 175 188
学位授与率 100% 99.4% 98.8% 98.8% 98.3% 98.4% 100% 100%
年度 人数 学位
授与率
平成20年度 184 15 169 100%
平成21年度 169 1 158 99.4%
平成22年度 164 13 151 99.8%
平成23年度 177 19 158 99.8%
平成24年度 173 21 152 98.3%
平成25年度 181 10 171 98.4%
平成26年度 184 9 175 100%
平成27年度 196 8 188 100%
平成21年度~平成28年度入学者数
学科名 初等教育科 現代子ども学科
入学年度 平成21年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
人数 170 184 179 190 188 199 196 188
15 22 23 12 9 8 10 7
155 162 156 178 179 191 186 181
学科名 入学年度 人数
初等教育科 平成21年度 170 15 155
平成22年度 184 22 162
平成23年度 179 23 156
平成24年度 190 12 178
平成25年度 188 9 179
現代子ども
学科
平成26年度 199 8 191
平成27年度 196 10 186
平成28年度 188 7 181

教員組織、教員の数並びに各教員が有する学位及び業績

教員の学位及び業績については
こちら

千葉敬愛短期大学の専任教員表 平成28年5月1日現在

現在の専任教員数は、教授6名、准教授5名、講師5名で構成されている。

学科名 本学の専任教員数 短大設置基準に定める
専任教員数
現代子ども学科 教授 准教授 講師
2 4 4 1 3 2
6 5 5 16 11 4 15
学科名
現代子ども学科
本学の専任教員数
教授 准教授 講師
2 4 4 1 3 2
6 5 5
16
短大設置基準に定める専任教員数
11 4 15

イ… 学科の種類及び規模に応じ定める専任教員数

ロ… 短期大学全体の入学定員に応じ定める専任教員数

千葉敬愛短期大学専任教員年齢構成表 平成28年5月1日現在
教員数 60~69 50~59 40~49 30~39 29以下 平均年齢
16 4 3 1 2 4 2 0 0 0 0 54.3
教員数 16
60~69 4
3
50~59 1
2
40~49 4
2
30~39 0
0
20~29 0
0
平均年齢 54.3

入学者に関する受入方針及び入学者数、収容定員、卒業・就職等

本学は、小学校教諭二種免許と幼稚園教諭二種免許、幼稚園教諭二種免許と保育士資格といった2つの免許・資格取得を奨励している。入学後の各実習を履修していくためには、教育者・保育者への志望意識が明確であるとこはもちろんであるが、責任感があり、生活態度が勤勉で健康管理ができること、並びに、実習記録等をまとめ得る基礎学力を備えているということも、必要とされる資質である。

平成28年度5月1日現在
項目 人数
入学定員 200
入学者数(平成28年4月) 188
収容定員 400
在学する学生数 384
海外からの留学生数 0
留学及び海外派遣学生数(海外の協定相手校なし) 0
収容定員充足率 96.0%
教員一人当たり学生数 24.0
卒業生(平成28年3月卒) 196
進学者数 1
就職希望者 192
就職者数 192
留年者 2
平成27年度卒業者 免許・資格取得状況及び就職状況
卒業者数 男子8名・女子188名 196
小免取得者数 17 小学校(教諭) 3
小学校(講師) 9
幼免取得者数 195 公立幼稚園(教諭) 0
公立幼稚園(臨時) 0
公立幼保(教諭) 2
公立幼保(臨時) 2
私立幼稚園(教諭) 55
こども園 6
保育士資格取得者数 178 公立保育所(保育士)任期付保育士含む 17
公立保育所(臨時保育士) 5
私立保育園(保育士) 53
企業経営保育園・保育施設等(保育士) 15
福祉施設等 22
一般企業への就職 3
合計 192
地方公務員 0
進学(大学・専門学校) 1
卒業時未就職 3
卒業者数 男子8名・女子188名 196
小免取得者数 17 小学校(教諭) 3
小学校(講師) 9
幼免取得者数 195 公立幼稚園
(教諭)
0
公立幼稚園
(臨時)
0
公立幼保
(教諭)
2
公立幼保
(臨時)
2
私立幼稚園
(教諭)
55
こども園 6
保育士資格取得者数 178 公立保育所(保育士)任期付保育士含む 17
公立保育所(臨時保育士) 5
私立保育園(保育士) 53
企業経営保育園(保育士) 15
福祉施設等 22
一般企業への就職 3
合計 192
地方公務員 0
進学(大学・専門学校) 1
卒業時未就職 3

授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画

平成28年度 シラバス(授業計画)を参照

学修の成果に係る評価及び卒業または修了の認定に当たっての基準

平成28年度シラバス(授業計画)の履修要項

  • (1)単位制・単位の算定について
  • (2)授業日数および時間について
  • (3)出欠席等の基準および措置要項について
  • (4)通院・療養等による長期欠席者への教育的配慮について
  • (5)単位認定について
  • (6)定期試験の受験要項について
  • (7)試験不正行為者の取り扱いについて
  • (8)進級制度および卒業について
  • (9)履修登録について
  • (10)教育職員免許状を取得する者の履修について
  • (11)学校図書館司書教諭の養成課程について
  • (12)保育士資格を取得する者の履修について

学位は、学則第24条に掲載。

校地、校舎などの施設及び設備その他学生の教育研究環境

校舎等建物について(佐倉キャンパス)

学生の休息のための施設(学生ホール、購買室、食堂、保健室、中庭)設置の概要

学生ホール(2号棟1階)

延床面積272.63㎡で、テーブル10台、椅子80席、TV 1台を設置し、学生の歓談の場として利用されている。

購買室(2号棟1階)

延床面積49.15㎡で、「株式会社敬愛サービス」によって運営され、文房具、菓子類などが販売されているほか、コピーサービス(有料)も行われており、学生が必要に応じ利用している。

学生食堂(2号棟1階)

延床面積747.07㎡で、「レストランハウス敬」によって運営されており、約440席の座席数を有している。料金は450円以下で、メニューは常時20種類程度提供されている。そのほかお弁当、おにぎりサンドイッチなどの軽食も販売されている。昼食時以外にも、憩いの場所、自己学習や共同学習の場として、広く学生に活用されている。

保健室(3号棟1階)

延床面積47.33㎡で、職員1名を配置し、ベッドは3床備えられている。外傷用の医薬品や備品、市販の内服薬等を備えている。学生にとって体調不良の際の休息場となっているほか、学生相談室と共に心のケアの場にもなっている。

中庭(2号棟と3号棟の間)

ベンチ4台が設置された中庭は、第3代学長大橋主城の寄付により整備された庭園で、学生の休息の場となっている。

宿舎の斡旋の体制、通学のための便宜

アパートの斡旋

本学では、不動産会社と仲介手数料割引契約を結んでおり、学生のアパートの斡旋は、その委託業者が執り行っている。本学としては、入学手続き後に渡される「教務・学生関連書類」のなかに、委託業者の紹介パンフレットとともに、地理的位置や安全面等アパートを決める際の注意事項を記した文書を入れ、適切な下宿先選びができるよう配慮している。

通学のための便宜

本学は、JR物井駅より徒歩7分と便利な場所に位置している。京成電鉄本線を利用する学生は、本学前を通る路線バスを利用している。
通学路については、商店等が少なく夜間の人の通りが少ないため、(社)佐倉市シルバー人材センターに登下校の時間帯のパトロールを依頼すると同時に、学生には複数で下校するよう指導している。

駐輪場・駐車場

2号棟脇に駐輪場を設置している。年々バイクによる通学者が増えているが、現在のスペースで問題はない。また警備員が、駐輪場での誘導や安全に配慮している。学生は自動車通学禁止となっているため、駐車場は来客専用となっている。ただし、健康上の理由で、自動車によらないと通学できない学生については、自動車通学を許可している。

学生の修学、進路選択及び心身の健康などに係る支援

大学が行う学生の修学

学習や科目選択のためのガイダンスの概要

学習支援に関しては、教務ガイダンスの中で「授業計画(シラバス)」をもとに履修案内を行っている。内容は、1.単位制について、2.授業日数および時間について、3.欠席・遅刻について、4.通院・療養による長期欠席者への教育的配慮について、5.単位認定について、6.進級制度および卒業について、7.履修登録について、8.教育職員免許状を取得する者の履修について、9.教育課程について、10.学校図書館司書教諭の養成課程について、11.保育士養成修業科目と資格取得のための履修についてである。
1年生は学外オリエンテーションで、各クラス別に2年生のチューターの支援のもと、シラバスを参考に科目履修指導及び時間割作成を行っている。
2年生はガイダンス終了後、時間割作成を行い教務学生課へ提出している。その際、教務学生課は、卒業用件を満たしているか等に重点を置き、必要があれば個別対応を行っている。

学習や科目選択のための印刷物

シラバス(授業計画)を発行している。

基礎学力が不足している学生に対する補習授業等の取組概要

本学では、平均的レベルから著しく学力の劣る学生は見当たらず、特別な補習授業は行っていない。しかし、授業の中で様々な工夫を行っている。例えば、保育内容の研究(環境)や幼児教育法では、レポート指導をする際に学生が特徴的に間違えやすい箇所をまとめた資料を提示し、理解を促している。

「算数」「情報処理」においては、基礎的な課題から復習をし、無理なく授業が理解できるようにしている。「社会福祉援助技術」では、授業毎に小テストを行い、必要に応じて質問に来やすいよう促している。

その他、「図画工作」では、授業内に作品が完成しない学生に対して、空き時間や昼休みに続きができるよう、担当教員ができる限り立会いのもと芸術室を開放している。また、「音楽教育法」や「器楽」、「体育」など実技指導をおこなう科目では、授業の空き時間、放課後、時には長期休業を利用し、個別指導をするなどの措置がとられている。

指導助言のための取組や体制

授業に関わる指導助言は、各担当教員が直接的に行っている。必要に応じて、クラス担任と担当教員が協力体制をはかり、学生を支援している。特に、欠席の多い学生については、クラス別の授業という本学のあり方から把握しやすいが、履修状況の悪さ、学生の家庭の問題、経済的な問題などを抱えている場合があるため、教務学生課やクラス担任が連絡を密に取り合い情報を一本化出来るようにしている。

今後の取り組みとしては、前期・後期別に授業の担当教員が集まり、意見交換をする場を持ち、一層の学習支援体制の充実を図っていきたい。

進度の速い学生や優秀な学生に対する学習上の配慮や学習支援

進度の速い学生に対し、多くの場合、授業内での対応を工夫し、学生のニーズに応えている。例えば「算数」「情報処理」では、レベルの高い発展問題をつくり適宜、解かせるようにしている。「数学入門」では、小学校教員採用試験の対策を考慮した発展問題を補充している。また、「音楽表現」、「音楽教育法」、「器楽」、「体育」などの実技を伴うものは、進度の違いが現れやすいため、一人一人の進度やレベルに即した指導、更なる向上を目指す為の指導を心掛けている。「読書と豊かな人間性・情報メディアの活用」では、カリキュラム内容の枠を越えて、文献や資料を紹介するという方法が挙げられる。

また、授業以外での対応として、「国語・国語教育法」では、教師の授業用のメールアドレス宛に課題を提出し、添削指導を行っている。 「教育実習I」では、小学校から幼稚園に実習先の変更があるなど特別な場合は、実習に必要な知識と技術が身に付くよう補講を設けている。その他、授業以外での学生の質問、相談には全教員が積極的に対応している。

保健室

保健室では皆さんの健康管理のサポートをしています。応急処置、健康相談、健康診断、保健指導、その他の保健に関する業務を行います。

応急処置
体調不良時や怪我などの応急処置をします。また、必要に応じ校医や近隣の医療機関へ診療依頼をしています。
健康相談
頭痛、腹痛、生理痛など健康に関する心配事や悩み、学生生活を送る上で気になることがありましたら、どんな小さいことでも気軽にたずねてください。
定期健康診断・保健指導
学校保健安全法第13条により毎年4月に健康診断を実施します。結果に基づき病気にならないための予防措置や保健指導を行います。
健康診断結果を基に健康診断証明書を作成しますので、必ず定期健康診断を受診しましょう。
健康診断証明書
教育実習や保育実習、就職活動等のため健康診断証明書の発行を希望する場合は、校医の診察が必要になります。保健室で発行の手続きをしてください。
健康の自己管理のために
血圧計や体脂肪計など自動測定機器を設置しています。自由に測定し自己の健康管理に役立てましょう。

保健室の利用時間/月~金 8:40〜17:10 ※長期休業期間を除く

学生相談室

カウンセリングルーム

気軽に相談を

誰にも悩みや心配ごとはあります。悩みや心配ごとは、ずっと抱えていると苦しくなります。そんな時は、相談室をお役立てください。学生や保護者の方、職員など学内であればどなたでも利用できます。

たとえば、こんな時・・・・・・話に来てみませんか。

  • 入学したけど気力がわかない
  • 大学から遠ざかっていたが、やり直したい
  • サークルや友達関係で悩んでいる
  • 自分に自信が持てない
  • 緊張や不安が強い
  • 恋愛について悩んでいる
  • 家庭内での問題
  • 進路に困っている(どんな道に進もうか、何が自分に向いているかなど)
  • その他

利用したいとき

開室時間内に直接相談室へお越しください保健室や事務室などで、学生相談室への相談を予約をしていただくこともできます。

【開室時間】

  • 火曜 10:00~17:00
  • 木曜 12:00~14:00

担当 学生相談室スタッフ

フリールーム

具体的な相談はないけれど、ゆったりとしたい、気分転換をして自分を取り戻したい時など、気軽に相談してください。ここには、トランプやオセロなどのゲーム遊びや、パズル、小物等の手作りができるよう、材料が置いてあります。また、小さな楽しいイベントを企画することがあります。

【利用時間】

  • 月曜~金曜 10:00~16:00

担当 保健室・学生相談室スタッフ

学生サポートルームI・II

4階にI、5階にIIが設けられている。
学生が教員に対し質問や相談ができるオープンスペースである。
グループでの打ち合わせやクラス面談等に利用されている。

オフィスアワー

オフィスアワーとは、先生方が各研究室等において、学生の皆さんからの履修相談や授業に関する質問、さらに生活面での相談事などに応じるために在室(会議・出張などを除く)していることを明示する時間のことです。
学生の皆さんは、希望する先生の研究室等を自由に訪問し、オフィスアワーを積極的に活用してください。

平成28年度 オフィスアワー一覧
教員名 曜日・時間
山中 護 火曜日/12:20〜13:00
吉村 真理子 月曜日/12:20~13:00
大野 雄子 月曜日/12:30~14:30
岡崎 裕美 金曜日/12:30〜13:00
新田 司 月曜日/12:30〜13:00
鈴木 健一 火曜日/12:30〜13:00
小田 ひとみ 水曜日/12:10〜13:00
久保木 健夫 【前期】火曜日/13:30〜14:40
【後期】火曜日/12:10〜13:10
林 孝憲 火曜日/14:50〜16:20
清水 一巳 火曜日/12:30〜13:00
伊藤 祐子 火曜日/12:30〜13:30
田中 幸 【前期】水曜日/12:30〜13:10
【後期】水曜日/11:00〜13:00
阿部 孝志 火曜日/12:10〜13:10
竹内 アンナ 水曜日/12:00〜14:00
沼倉 徹 水曜日/12:15〜13:00

オフィスアワー一覧では、それぞれの教員が研究室等に在室する時間を明示していますが、これは、この時間しか学生の相談に応じないという意味ではありません。また、上記以外の教員については管理棟4階講師室、授業前後にて相談を受け付けています。

校医

市内の内科および整形外科に校医委嘱をしています。

AED

事務室カウンターと体育館に設置しています。
緊急時に使用できるよう救急蘇生法を確認しておきましょう。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方はのアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ADOBE READER