教育方針

千葉敬愛短期大学は、西郷南洲(隆盛)が座右の銘としていた「敬天愛人」の理念を建学の精神としている。西郷南洲の遺訓には「道は天地自然のものにして、人は之を行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は人も我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心をもって人を愛する也」とある。本学では、この自然崇拝・無限の人間愛を礎とした「真理を敬い、他者を愛する心を培う」を教育の根本に置いている。

本学は、建学の精神である「敬天愛人」の理念に則り、一人一人の学生の尊厳を重んじ、可能性を引き出す教育を行うとともに、教育内容として“子ども”の発達の連続性及び教育と保育の関連性を重視した“子どもに関する総合的な学び”を標榜し、「敬天愛人」を自ら実践し得る、地域の初等教育・保育への使命感と奉仕の精神を持った人材の育成を教育の目的としている。

本学の「ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)」、「カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)」及び「アドミッション・ポリシー(入学者受け入れに関する方針)」は、次のとおりである。

ディプロマ(学位)ポリシー

本学は、建学の精神である「敬天愛人」の理念を理解し、それを自ら実践し得る教育者・保育者の育成を目的とし、所定の教育課程を修了した学生に卒業を認定するものとする。
具体的には、以下に掲げるテクニカル・スキル、コミュニケーション・スキル、コンセプチュアル・スキルの修得により、建学の精神を具現化した総合的なヒューマン・スキルを培うこととする。

(1)テクニカル・スキル
教育・保育に関する専門的な知識・技能の修得に励み、子どもの成長・発達について深い理解を持つ。
(2)コミュニケーション・スキル
多様な子ども一人一人の良さを認め、可能性を引き出し伸ばすため、主体性を備えたコミュニケーション能力を身につける。
(3)コンセプチュアル・スキル
「敬天愛人」の精神と使命感を備えた教育者・保育者となることを目指し、地域の教育・保育に貢献する。

これを具現化することを意図した教育課程を編成し、履修に対して厳格な成績評価を行い、所定の単位を修め、教育力・保育力・人間力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

カリキュラム(教育課程編成・実施)ポリシー

ディプロマ・ポリシーに掲げたテクニカル・スキル、コミュニケーション・スキル、コンセプチュアル・スキルに関連した、以下の教育内容・方法とその評価について示す。

  • (1)総合的な子ども理解を可能とするため、小学校教諭を目指す初等教育コースの学生は「小学校教諭二種免許及び幼稚園教諭二種免許」を、幼稚園教諭あるいは保育士を目指す保育コースの学生は「幼稚園教諭二種免許及び保育士資格」を、それぞれ二つの免許・資格が取得できる教育課程を編成し、実施する。原則として全員が二つの免許・資格を取得する。教育の質保証の観点から教員同士の授業参観や学内研修の実施等、ファカルティ・ディベロップメントを行う。
  • (2)教育・保育の現場において子ども理解を深め、子どもや保護者を支援する方法を身につけられるよう、教育・保育実習の事前・事後指導にも重点をおき、実習校・園や地域でのボランティア活動の参加等を推奨する。事前・事後指導における模擬授業・保育や指導案作成等に取り組む態度や、課題の達成度等によって評価する。
  • (3)学修成果の具体的な把握のため、1年次より学修ポートフォリオ(履修カルテ)及び学修行動調査を活用し、学修履歴の記録・振り返りを行う。履修カルテについては教員が確認し指導を行う。それらをもとに2年次後半では、「保育・教職実践演習」等において、各自の課題を補完していく。
  • (4)的確な判断力や豊かな表現力、複眼的な思考力を身につけられるよう、アクティブ・ラーニングを実践しやすい環境づくりとして、40名以下の進路志望別クラス編成を行い、クラス単位での授業を設定する。授業に積極的に取り組む姿勢を重視して評価する。
  • (5)クラス集団への帰属意識を高め、学校行事の準備等を含めた学生指導を行う「クラスアワー」の実施により、「敬天愛人」という建学の精神を涵養する。原則として全員参加である。
  • (6)他者と協調し協働する体験を通して、コミュニケーション能力やリーダーシップ、問題解決の能力を身につけられるよう、進路志望別クラス単位で参加する学内行事を設定する。原則として全員参加である。
  • (7)教育者・保育者としての責任感を持ち、生活態度や健康等の自己管理ができるよう、定期試験の受験資格として各授業科目において5分の4以上の出席を課す。
  • (8)教育者・保育者として常に学び続け自らを向上させようとする意欲を持てるよう、シラバスの事前・事後学習の記載を充実させるとともに、初年次教育としてクラス別メディアセンターガイダンスを実施する。シラバスの記載内容については、教員同士で組織的なチェックを行う。長戸路政司奨励賞等各種褒賞受賞者決定の際にはGPAを活用し、学生の学修意欲向上を図る。
  • (9)建学の精神に基づいたキャリア形成及び志望進路実現を目的とした必修科目を設定する。

とりわけ、小学校教諭二種免許及び幼稚園教諭二種免許の同時取得、または、幼稚園教諭二種免許及び保育士資格の同時取得を奨励しているのは、2つの免許・資格を併せもつことによって、0歳~12歳までの子どもの姿を 連続的・系統的に捉えることができ、そのことによってトータルな子ども観を もつ教育者・保育者の育成が実現できると考えるからです。

教育課程編成においては、ただ単に免許・資格の取得をめざすのではなく、常に教育・保育現場を意識し、即戦力として通用する力を育成するための“理論と実践”の融合を図る、バランスのとれた教科の配列と少人数指導を行っています。

さらに、同一の免許・資格取得を希望する学生でクラスを編成し、学習時間割を組んでいます。これによる授業は、上記に掲げた「学生一人一人を大切した、きめ細かな実践的教育」を具現化するものであり、併せて、教員と学生の活発なコミュニケーションが図られ、良好な人間関係を形成し、多くの成果を上げています。

加えて、「クラスアワー」は原則として毎週昼の休憩時間にクラスごとに設定され、この時間は集団の帰属意識を高めることやお互いのコミュニケーションを図ることのみならず、集団生活を円滑に営む上で必要な「他者を思いやる心」、「他の良さや価値を認める寛容な心」、すなわち本学の建学の精神である『敬天愛人』の精神を涵養する上でも大きな役割を果たしています。

アドミッション(入試)ポリシー

本学では、教育・保育の現場で活躍できる人材の育成を目指す教育目的を達成するため、以下のような人を求めている。

求める学生像

  • 教育者・保育者になることへの明確な意思と高い志を持っている人
  • 日頃より教育・保育に関する事柄に広く関心を持ち、子どもの成長・発達について理解を深めようとする態度を持っている人
  • 教育・保育の現場に関わる機会や子どもと関わる機会を自ら積極的に求めようとする意欲を持っている人
  • 様々な人と積極的に関わり、多様な思考に触れ、コミュニケーションを大切にする人
  • 他者と協力し、協働する体験を大切にする人
  • 他者を思いやり、配慮しながら行動できる人
  • 子どもに対して温かいまなざしをもって接し、関わることができる人
  • 地域社会に貢献できるよう、実践的行動力と社会に対する広い関心を持っている人

高校生の皆さんは、本学の「求める学生像」を理解した上、以下の点を確認し志願をしてください。

  • 初等教育コ-スは小学校教諭へ、保育コ-スは、幼稚園教諭・保育士への志望が明確である方が受験してください。
  • 入学後に免許・資格を取得するため、実習が不可欠です。生活態度が良好で、健康管理ができることが望まれます。(指定校・系列校推薦入試では、高校における合計欠席日数12日以内が基準となります。)
  • 教育者・保育者として、継続的に学び続ける意欲と基礎学力を備えていることが望まれます。
  • 教育者・保育者として、子どもを理解し、愛情や感動を伝えられるよう、何事にも一生懸命取り組んで感動体験を重ねていく姿勢が望まれます。また、普段からボランティア活動を通して、様々な年齢の方とコミュニケ-ションできる力を身に付けたり、共感性を身に付けたりできるように努めてください。
  • 教育者・保育者として、的確で豊かな表現力が求められます。自分の考えを言葉できちんと伝えられる表現力、および芸術や身体活動を通しての表現力を磨いていってください。

地域貢献に向けた大学としての共通目標

教員及び学生の地域における社会的活動

教員の社会的活動については、その目的が社会的な貢献となりうるものであり、また学内における直接的な教育・研究活動等に支障のない限り、積極的に取り組むよう勧めています。
同様に、学生の社会的活動についても、その目的が学生としての本分に適ったものであり、また本務である学業に支障がない限り、積極的に活動するよう奨励しています。
教員及び学生の社会的活動については、本学の寄って立つ佐倉市をはじめとする周辺地域から信頼され、地域社会のニーズに応える学びを提供し得るコミュニティー・カレッジとして積極的に活動するよう、今後とも奨励していきます

地域社会に向けた公開講座の実施状況

本学では毎年小学生を対象にした「夏休み子ども向け公開講座」を行っています。
この公開講座は、佐倉市の「市民公開講座事業( 委託)」の一環で、千葉敬愛短期大学が委嘱をいただいて今日まで実施してきました。

夏休み子ども向け公開講座
実施報告

学生による地域活動、ボランティア活動等社会的活動の状況

学生は、下記のようなさまざまな社会的な活動を行っています。いずれの活動においても、本学学生の参加態度は、大変誠実かつ精力的であり、非常に好評を博しています。
(1)の「通学合宿」は、市教育委員会からの委託を受けた本学からの学生派遣事業で、活動中の授業については公認欠席扱いとしましたが、(2)以下の事業は、学業に支障のない形で行われたものです。

(1)通学合宿(佐倉市教育委員会・八街市教育委員会)

通学合宿とは、高学年の子どもたちが親元を離れ、地域の施設において、異年齢集団で生活体験を行うことにより、自主性・協調性を高め、心豊かでたくましく生き抜く力を育むことを目的に行われるものです。また、家庭にとっても、一定期間、子どもと離れて生活することで、日頃の親子関係を見直し、家庭の教育力を向上させる機会となることを目指しています。
さらに、地域の方々が子どもの生活体験に関わることにより、地域の人々のつながりがいっそう深まり、地域の教育力が更に向上することを見込んでいます。
この通学合宿に、小学校教諭免許状の取得を目指す本学の学生がカウンセラー(佐倉市)及びリーダー(八街市)として参加し、児童の生活体験を支援する役割を果たしています。

年度 参加学生数
平成27年度 12名(佐倉)14名(八街)
平成26年度 12名(佐倉)7名(八街)
平成25年度 12名(佐倉)14名(八街)
平成24年度 12名(佐倉)7名(八街)

(2)コミュニティカレッジさくら(佐倉市教育委員会)

コミュニティカレッジさくらは、自らの居住地域での人と人のつながりを大切にし、地域で共に生活し、見守り、支え合い、日常生活で声を掛け合いながら、地域づくり(防災・防犯、少子高齢化、まちの活性化等のまちづくり)に参加いただける市民の学習の場として開設されました。市民協働の取り組みの一つとして、学習者一人一人の持つ、技術・知識・能力を高め、次世代に継承していただくだけでなく、地域リーダーとして多種多様な取り組みを、佐倉の様々な地域において実践いただくことにより、社会の人と人との絆を高め、お互いを支え合う地域社会の形成を目指しています。
2013年4月、佐倉市立教育委員会社会教育課と佐倉市立臼井公民館が、佐倉市立千代田小学校地域学習室に、2年生のコミュニティカレッジさくらを開校しました。本学は、1年次「人間学」を中心にカリキュラム作成および講師派遣の協力をしています。

本学担当講義(PDF:115KB)

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方はのアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ADOBE READER

(3)NPO法人学校支援さざんかの会ふれあい「夢のふなっこ」(船橋市)

学校へ通えず家庭に引きこもっている児童生徒が、将来への夢と希望を持ち、個性・能力に応じた進路を見つけ出せるよう、「引きこもり対策事業」を船橋市教育委員会とともに進めているものです。本学学生は、通所できない子どもたちの家庭訪問をするスタッフに同行し、子どもたち一人一人に応じた活動や相談を行っています。

年度 参加学生数
平成26年度 20名
平成25年度 10名