教員紹介 村瀬 瑠美 専任講師

教育者・保育者は、常に学び続けながら、子どもたちと一緒にどこまでも成長していける幸せな職業です。

村瀬 瑠美専任講師Rumi Murase

私が受け持つ体育では、実技、スポーツ種目やレクリエーション、さらに健康や保健について学習し、子どもへの指導ができるようになることを目指します。実技科目では、安全への配慮、他者への思いやり、協力の大切さや楽しさなどについて学びます。
私が学生のみなさんに伝えているのは、挫折を含めて、たくさんの経験をすること。それらを通して、世の中には色々な人がいて、社会で生きることはさまざまな人と共に生きていくことだと身をもって知ってほしいと思います。保育者・教育者は、ずっと学び続けなければならない大変な仕事ですが、子どもと一緒に成長し続けられる幸せな職業です。ぜひ教育者・保育者になれるよう頑張りましょう。

  • 担当科目
    基礎体育講義・実技 / 体育 / 保育・教職実践演習
  • 専攻分野
    体育学 / 舞踊論
  • 最終学歴
    • ・筑波大学人間総合科学研究科体育学専攻修了(体育学修士)
  • 研究業績
    • 【学術論文】
    • ・「他者作品を踊る際の知覚から表現への認知プロセスについて」(2017・単著・修士論文)
    • ・「他者作品を踊る際の踊り手による作品イメージの現実化の取り組み-振付の動きの習得との関係性に着目して-」(2018・共著・舞踊教育学研究 第19号)
    • ・「保育者養成課程におけるリズムダンスの指導についての一考察~オノマトペの持つリズム性に着目して」(2018・単著・千葉敬愛短期大学 紀要 第40号(3))
    • ・「保育者養成課程の体育授業における『他者の動きのまねっこあそび』の実践」(2018・単著・千葉敬愛短期大学 総合子ども学研究所 年報)
    • ・「幼児期の用いる身体表現活動における保育者の用いるオノマトペ-身体表現活動におけるイメージに着目した分類」(2018・単著・スポーツ運動学研究 第31号)
    • ・「高校1年生のボディ・イメージに関する報告-男女の差に着目して-」(2019・共著・千葉敬愛短期大学紀要 第41号)
    • 【研究発表】
    • ・「舞踊における踊り手の認知プロセスに関する研究-他者から振り付けられた作品を踊る際の「感受する」段階に着目して-」(2015・舞踊学会)
  • 現職(本学関係を除く)
    • ・「第26回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)」(2013・文部科学大臣賞)
    • ・「第28回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)」(2015・文部科学大臣賞)
    • ・「第29回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)」(2016・文部科学大臣賞)
  • 所属学会
    • ・舞踊学会
    • ・日本体育学会
    • ・日本コーチング学会
    • ・日本教育大学協会全国保健体育・保健研究部門舞踊研究会
    • ・日本スポーツ運動学会