活躍する卒業生:
公立保育士 勤務 鎌田 祥子さん

公立保育士 勤務 鎌田 祥子さん

  1. 「保育士」になろうと思ったきっかけは何ですか?
    私が保育所時代のときからの夢で小さい子たちと一緒に遊んだり、お世話をすることが好きでした。進学する時にもその気持ちは変わらず、子どもに関わる仕事をしたいと思い保育士を目指しました。
  2. 実際に「保育士」として何を大切にしていますか?
    子どもたちが安心・安全に過ごせる環境作り、保護者とのコミュニケーションなど大切なことたくさんあります。しかし、1番は保育を進める中で何か迷うことがあったときは保育士主体ではなく、こどもにとって何が最善かを考えるようにしています。いま、子どもたちにとって何が1番大切かおのずと見えてきます。
  3. 千葉敬愛短期大学での学びはどのように生かされていますか?
    千葉敬愛短期大学では、同じ夢を持った仲間たちと一緒に学んだ経験・協力・達成感をたくさん味わうことができました。職場でも決して1人の力では成し遂げられません。一緒に働く上司・先輩・同僚と子どもたちのことを考え、話し合い、協力し合うことが大切になってきます。学生時代、みんなで一つの目標に向かって成し遂げた経験が現在の職場でも生かされています。
  4. 「保育や教育」を学ぶ上での大切なポイントは何ですか?
    職場では様々な子どもたちがいますし、10人いれば10通りの保育が必要になってきます。子どもの成長は個人差がありますが、学校で学んだ基礎や年齢別の特徴、実習で経験したことは就職した後も活かされていきます。一つ一つの学生時代の知識が役立っていきます。
  5. 千葉敬愛短期大学での一番の思い出を教えてください。
    クラスで協力し合った体育祭や学園祭です。仲間たちと一緒に泣いたり、笑ったり、時には悩んだりした経験は一生忘れられないです。
  6. 今後の目標や夢を教えてください。
    子どもたちの日々の成長を身近で感じられることが、保育士になってよかったなと思える瞬間です。その日々の変化を見逃さずにこれからも子どもたちと共に喜んだり、悩んだりしながら過ごしていきたいと思います。
  7. 最後にメッセージをお願いします。
    私は千葉敬愛短期大学に入り、一生のかけがえのない仲間ができました。同じ夢を目指して学んだ仲間は自分が悩んだとき、壁にぶつかったときにいつも助けてくれます。そして、その仲間ができたのは学生生活がとても充実していたからだと思っています。