活躍する卒業生:千葉大学教育学部附属
小学校 勤務 奥平 安瑞香さん

千葉大学教育学部附属小学校 勤務 奥平 安瑞香さん

  1. 「先生」になろうと思ったきっかけは何ですか?
    今思えば、小学校3 年生の時の担任の先生に大きく影響を受けたのだと思います。
    僕らの成長を温かく見守っていて下さいました。すぐに何かを禁止するのではなく、まずは自分たちの力でチャレンジできるように支えて下さる先生でした。やんちゃなクラスでしたが、毎日楽しく学校に通えたのは当時の先生のお陰です。当時の先生の姿が僕の中のロールモデルでもあります。
  2. 実際に「先生」として何を大切にしていますか?
    子どもたちが自らの力で気づき・考え・行動することができるように、彼らの力を信じて時には「見守る」ことも、大切にしていることの一つです。
  3. 千葉敬愛短期大学での学びはどのように生かされていますか?
    クラス制だったこともあり、当時のメンバーと2 年間同じ部屋で学べたことは大きな経験になりました。出身地も得意なことも考え方も本当はバラバラなはずなのに、様々な行事を経験する中で、みんなで協力し、だんだんとクラスが居心地よく素晴らしい空間になっていきました。正しくあの時のクラスが、今僕たちが目の前にしている子どもたちのいる教室と同じなのかもしれないなと思っています。当時の私たちの担任の先生がして下さったように、個を尊重し、学級を見守ることで集団の団結を促していけるように意識しています。
  4. 「保育や教育」を学ぶ上での大切なポイントは何ですか?
    ものの見方や考え方を広く持つこと。
  5. 千葉敬愛短期大学での一番の思い出を教えてください。
    2年生の時に、発表会でクラスの男友だち3人と「エンターティナー」を連弾したことは思い出深いですね。今でも自分のパート“だけ”は弾くことができます。
  6. 先生とのエピソードがあれば教えてください。
    当時の担任の先生との思い出は、やはり僕らのクラスの担任を2年勤めて頂けたことでしょうか。男子も大勢いる中、様々な事情を抱えた学生もいる中で、先生はいつも温かく僕らをファシリテートして下さっていたのだなと、この職について改めて感謝しています。
    ほんの2年間でしたが、濃密でかけがえのない時間をすごせたのは、先生の支えあってこそだと思っています。
  7. 今後の目標や夢を教えてください。
    「夢」は学校の先生、という子がちょっとでも増えたら嬉しいなと思います。
  8. 最後にメッセージをお願いします。
    今の時期、沢山悩んで間違っても良いかなと思います。実際、私もそうでした。回り道をしながらでも自分のやりたいことをじっくり吟味できる方法はあると思います。(最短ルートを想定することももちろん大切です。)でも、はじめから「無駄」と切り捨てるのではなく、可能性や学びにしていく心のゆとりを持てると良いですよね。きっとそんな人に、人は寄ってくるし、色々な出会いがあるかもしれません。私も常に迷いながら、考えながら過ごしています。この短大には頑張る学生たちを近くで支え励ましてくださる先生方や仲間がたくさんいます。未来の自分にワクワクできますように…卒業生として陰ながら応援しています。