お知らせ

令和2年度文部科学省「私立大学等改革総合支援事業」(タイプ3)に選定

千葉敬愛短期大学が申請した令和2年度「文部科学省私立大学等改革総合支援事業」(タイプ3)に選定されました。

本事業は教育改革に積極的な大学等を支援する事業で、「「Society5.0」の実現に向けた特色ある教育研究の推進や、地域社会への貢献、イノベーションを推進する研究の社会実装の推進など、特色・強みや役割の明確化・伸長に向けた改革に全学的・組織的に取り組む大学等を重点的に支援する」ものです。
令和2年度、本学はタイプ3(地域社会への貢献:プラットフォーム型)の事業に選定されました。

タイプ3(プラットフォーム型)は、「地域と連携した教育課程の編成や地域の課題解決に向けた研究の推進など、地域の経済・社会、雇用、文化の発展に寄与する取組を支援」するもので、本学では「ちば産学官連携プラットフォーム*」での活動が基礎としています。

本学はなお一層学内の教育力活性化を図ると共に、「ちば産学官連携プラットフォーム」を形成する大学・短期大学や千葉市、千葉商工会議所等と協力して、地域の課題等の解決や高等教育機関の連携推進等の活動を推進してまいります。今後の千葉敬愛短期大学、そしてちば産学官連携プラットフォームの教育研究の取り組みに、ぜひご期待ください。

* ちば産学官連携プラットフォーム 形成大学(12校)
植草学園大学、植草学園短期大学、神田外語大学、敬愛大学、淑徳大学、千葉敬愛短期大学、千葉経済大学、千葉経済大学短期大学部、千葉明徳短期大学、帝京平成大学、東都大学、放送大学