お知らせ

【速報】公立職員採用試験(保育士)結果速報!!

公立職員採用試験(保育士)の結果が続々届いています。12月20日時点での合格者人数をお知らせいたします。

  • 受験者数    43名
  • 1次合格者数  31名
  • 最終合格者数  20名

※人数はすべて延べ数(重複受験者がいるため、受験者数・合格者数は、延べ数となっています。)
 まだ発表がこれからの自治体もありますので、ひきつづきお知らせしていきます。

※13/50(公立保育園内定者/保育園内定者)
 保育園内定者のうち4人に1人の割合で公立保育園に内定しています。


Q : 公立職員(保育士)になるために、どのような対策をしましたか?

Aさん : 授業に組み込まれている(選択科目)敬天愛人・キャリアサポート、キャリアデザインを公立職員試験対策としてコツコツと学びに繋げていきました。

Bさん: 公立幼稚園・保育士等試験対策講座やガイダンスが授業とは別に開かれています。一次試験の対策、二次試験の対策とわかりやすく支援してくださいます。頑張り続けるエネルギーや気持ちを支えてくださる講座です。「あきらめなければ、夢は叶う」ということを実感させていただきました。

Cさん : 担任の先生をはじめ、多くの先生方が依頼をすればこころよく面接指導をしてくださいます。いろいろな先生にご指導を受けると、自分の情熱や「絶対に合格したい!!」という気持ちが明確になっていきます。特に保育士を経験されてきた先生には、保育の楽しさや保育観を刺激されました。