お知らせ

新型コロナウイルスワクチンの接種について

2021年7月9日

学生及び保護者の皆様

千葉敬愛短期大学
学長 明石 要一

新型コロナウイルスワクチンの接種について

 現在、学生及び保護者の皆様が住民登録をしている各自治体から、ワクチン接種券の送付が始まっております。本学では、大学拠点接種は実施しないことから、ワクチン接種を希望される方は、接種券が届きましたら、医療機関、地域の集団接種会場、大規模集団接種会場などで早めに接種を受けることをお勧めします。

 ただし、ワクチン接種についてはあくまでも任意のものであり、大学として強制するものではありません。その為、ワクチンについての有効性や安全性等に関する科学的な情報を理解した上で、ご自身で接種するかどうかを判断し対応してください。ワクチン接種を受けなかったことを理由に、大学内を始め差別的な扱いを受けることは決してありません。

 なお、ワクチン接種に当たりましては、学内の感染症予防対策の一環として、後日配信するKCN(アンケート調査)により、接種日の翌日に健康状況等お知らせいただきますようお願い致します。

以上


授業及び実習期間中のワクチン接種時の取扱いについて

授業について:

ワクチンを接種した場合、下図のように「公認欠席」として取り扱う

対  象手  続
ワクチン接種日に欠席する場合接種日が決定したら事務室へ連絡し、窓口で「公認欠席届」を提出する。
接種後にワクチン接種済証等を提出すること。
ワクチン接種後に軽度の副反応(発熱、頭痛、倦怠感等)の症状があり
欠席する場合
(接種翌日から2日以内)
欠席当日は、メールで連絡し、登校可能になった時点で、「公認欠席届」に
ワクチン接種済証等を添え、事務室に提出をすること。

※我が国での臨床試験において、医療従事者等の先行接種者健康調査によると、発熱等の症状は接種翌日(2日目)に多く、3日目以降はほとんど消失しています。
なお、接種後、以下の症状の際には、短大事務室に連絡し、医療機関を受診してください。

  1. 発熱が3日以上続く場合
  2. 接種後2日以内であっても症状が重い場合
  3. ワクチンでは起こりにくい症状(咳やのどの痛み、味覚・嗅覚の消失、息切れ等の症状)がみられるなど、コロナウイルス感染を疑う症状がある場合

実習について:

対  象対  応
ワクチン接種日に欠席する場合欠席日数は、実習期間の延長となる。
ワクチン接種による副反応で欠席する場合欠席日数は、実習期間の延長となる。

※ワクチン接種及び接種による副反応で欠席する可能性があることは、実習先に連絡済みです。

【重要】

ワクチン接種に当たっては、接種日の翌日に、KCN(アンケート調査)により回答をお願いします。調査では、接種に伴う副反応による発熱、また副反応による診察など、学生の皆さんの健康状態を把握するために実施します。併せて、接種後の副反応により、授業を欠席する場合は、大学の専用メールにも連絡してください。

お問い合わせ先
事務室(教務係・実習係)
TEL:043-486-7111

※【重要】新型コロナウイルスワクチン接種の共通理解