建学の精神

本学は「敬天愛人」を建学の精神として掲げる全国でただひとつの学園。
教育者にふさわしい人間性の陶冶を目指しています。

南州翁遺訓
道は天地自然のものにして人はこれを行ふものなれば、天を敬するを目的とす。
天は人も我れも同一に愛し給ふゆえ、我れを愛する心をもって、人を愛するなり。
師弟の敬愛
この幾百の女性徒、この幾百の男子生徒、これ皆偉大なる魂の持主である。
吾人はこの点を衷心より敬せねばならぬ、愛さねばならぬ。
わが校は生徒の全人格、生徒の魂を敬愛する点おいて、天下第一等たらんことを希望し、主張し、期待している。

長戸路政司『敬愛読本』より

ユニークな快い響きの「敬天愛人」

わが学園の建学の精神は、全国でただ一つの、簡潔で親しみ深い「敬天愛人」です。「敬愛」という校名は、この言葉に由来しています。創立以来ほぼ80年、私たちは限りない誇りをもって「敬天愛人」の旗を一貫して高く掲げてきました。
この「敬天愛人」という言葉は、明治維新の立役者・西郷南洲が唱道し、わが学園の設立者・長戸路政司先生が、そこに教育の源点を見出して、これを建学の精神に据えました。

天地とともに生きる人間としての生き方

西郷南洲の唱えた「敬天愛人」の思想を要約しますと、「天地自然という大宇宙の営みによって生み出された人間には、人間として生きるべき道がある。それは単純明快な生き方で、天地の間にこの命を生み出し育んでくれた天を敬い、自分と同じく、天によって生かされ生きている人々に、無限の愛を寄せることである」というものです。

天から与えられた人間の尊厳性と無限の可能性に着目

学園の創立者は、この「敬天愛人」の思想を教育的に捉え直し、「天地自然によって生み出され、生かされ生きていくものは、一人の例外もなく、誰もが天から与えられた人間の尊厳性と、人間として成長する無限の可能性を秘めている。これを最大限に伸ばして実現化されることこそ教育の基本である」としました。
こういう立場から、教育するものが教育される側の学生・生徒・園児の一人ひとりを、心底から「敬愛する」という、恐らく全国でも例のない校風が確立されました。

21世紀にますます輝きを増す「敬天愛人」

21世紀は「宇宙・生命・人間の時代」、あるいは「心の時代」とも言われます。
「敬天愛人」はまさに21世紀の宇宙的規模の人間の尊厳性を、そして大宇宙のもと、人間相互の一体感・融合感を基にした人間愛・人類愛を標榜するものです。
この建学の精神のもとで学ぶ皆さんと、天地とともに人間として生きる雄大な希望と、この上ない安らぎが約束されるものと確信しております。