教員紹介 清水 一巳 専任講師

「できないこと」「難しいこと」の面白さを見つけながら、
とことん“遊びこめる”先生に

清水 一巳専任講師Kazumi Shimizu

体育では、幼児期の子どもの遊びにつながる、走る・跳ぶ・跳ねる・回る・投げるといった基礎的運動を実践します。また、それらの運動に、音楽や手作りおもちゃ、大型遊具などを加えて、身体の動きを大きくする方法を学びます。授業は「まずは、やってみる」からスタート。その中で「できること」「できないこと」に気づき、みんなで動く、あるいは道具や環境を工夫することで「できる」を見つけていく楽しさを大切にしています。「できないこと」、「難しいこと」の面白さを見つけながら、子どもといっしょに「遊びの世界」を広げていける力をつけてください。そして、「先生」という枠にとらわれず、“遊びこむ”ことのできる人になりましょう。

  • 担当科目
    基礎体育講義・実技 / 体育 / 体育教育法
  • 専攻分野
    スポーツ社会学
  • 最終学歴
    • ・福岡大学大学院体育学研究科体育学専攻修了(体育学修士)
    • ・九州大学大学院人間環境学府博士後期課程 発達・社会システム専攻 単位取得満期退学
  • 主な経歴
    • ・2007年4月~2008年3月 純真短期大学こども学科 助教
    • ・2008年4月~2011年3月 名古屋女子大学短期大学部保育学科 講師
    • ・2011年4月~ 千葉敬愛短期大学 講師
  • 研究業績
    • 【著書】
    • ・子どもへの現代的視点、2006年、北樹出版、共著
    • ・変わりゆく日本のスポーツ、2008年、世界思想社、共著
    • 【論文】
    • ・保育所におけるレクリエーション指導に関する研究―資格養成課程と幼児教育課程との連携について―、2008年、『自由時間研究』弟33号(日本レクリエーション協会、レジャー・レクリエーション研究所)
    • ・保育者の実践力に関する研究―遊びと交流活動との関係から―、2009年、『名古屋女子大学紀要』第55号 人文・社会編(名古屋女子大学)
    • ・「子どものスポーツ」言説の変容に関する社会学的研究、2010年、『名古屋女子大学紀要』第56号 人文・社会編(名古屋女子大学)
    • ・スポーツ集団における「秘密」の位置づけに関する社会学的研究、2011年、『名古屋女子大学紀要』第57号 人文・社会編(名古屋女子大学)
    • ・「子どもスポーツ」の意味の形成過程に関する研究 ~スポーツ集団の「秘密」に着目して~、2011年、『九州レジャー・レクリエーション研究1』(九州レジャー・レクリエーション学会)
    • ・子ども期のスポーツ環境と事故認識に関する研究、2013年、『千葉敬愛短期大学紀要第35号』(千葉敬愛短期大学)
    • ・子どもの遊びへの期待構造に関する研究―幼稚園児の保護者の遊び観から―、2013年。『発達社会学研研究5号』(放送大学 発達社会学研究室)
    • ・遊びの経験と伝達に関する社会学的研究~大人の子ども期の遊び経験の分析から~、2014年、『千葉敬愛短期大学紀要第36号』(千葉敬愛短期大学)
    • ・遊び観への生活経験の影響について―親世代の生活経験と遊びの意識調査から―、2015年、『千葉敬愛短期大学紀要第37号』(千葉敬愛短期大学)
    • ・子どもの自然遊びに関する社会学的研究、2016年、『千葉敬愛短期大学紀要第38号』(千葉敬愛短期大学)
    • ・自然遊びを支える人的環境に関する研究、2017年、『千葉敬愛短期大学紀要第39号』(千葉敬愛短期大学)
    • ・子どもの身体感覚に関わる「暗闇」の体験、2018年、『千葉敬愛短期大学紀要第40号』(千葉敬愛短期大学)
  • 社会貢献
    • ・子どもの体力・生活改善プログラム「7Cクラブ」の活動協力(東京都 NPOケアラボ2009年~現在に至る)
    • ・船橋市ふなばし市民大学スポーツ・コミュニケーション学科 講師(千葉県船橋市、2013年~現在に至る)
    • ・(文部科学省補助事業)健常者と障害者のスポーツ・レクリエーション活動連携推進事業、地域のスポーツクラブにおける障害者スポーツの導入 実務者会議メンバー(座長、松尾哲矢:立教大学)
    • ・日本体育学会体育社会学分科会事務局員(2015年〜現在至る)
  • 所属学会
    • ・日本体育学会
    • ・日本スポーツ社会学会
    • ・日本レジャー・レクリエーション学会
    • ・日本子ども社会学会